金融サラリーマンブログ

金融関係の仕事に就いてます。

コンプレックスだけど生まれ持ったものだから

Posted By on 2014年8月28日

小学生の時から顔の輪郭がコンプレックスでした。
型で言えばホームベース型なのですが、エラが少し目立つんです。
髪を結んでも顔周りは髪の毛で必ず輪郭を隠します。
小学生の頃は触角などと髪の毛に愛称がついたぐらいそのスタイルは定着していました。

髪の毛で隠す事ができても写真を撮ると顔の大きさって分かり易いんですよね。
隣に顔の小さい子がいると余計大きく見えてしまう。
写真を撮るのはかなり嫌でした。
とは言っても学生時代は写真を撮る機会も多かったので隣の人より少し後ろに顔を引いて遠近法で少しでも良いから小さく見えるように頑張っていました。

幸い凄くエラが張っている訳ではないのですが身長が152cmの痩せ型で首から下はコンパクトだと言われるんですが、全身を見たときに顔が大きくアンバランスなんです。
人間痩せている太っているではなくバランスだと思います。

そして髪の毛のアレンジには過く悩みました。
ゆるゆるの巻き髪が女の子らしくて好きなのですが首周りに髪の毛でボリュームが出きる為顔がもっと大きく見えました。
やり方が下手だったのかもしれませんが…

やはり髪をアップにして輪郭横の両サイドに輪郭隠しの為の髪があるのが一番安心します。
首が出ている分スラット見えると思います。

昔のまだテレビが地デジでは無い時代に顔の事をワイドだねっと異性に言われ凄いショックでした。
自虐ネタにして一緒に笑っていましたが、内心泣きたかったです。

エラを削る整形がしたいです。親からもらった身体だからっていう気持ちもありますが、それでもこの先このコンプレックスと付き合っていくことを考えると生計をしようと思います。

そのために今は、昼間は正社員として働いて時期的な短期で求人が出るようなアルバイトをしたりして少しずつ貯金をしていっています。年末に向けてお歳暮のアルバイト求人が出始めるはずなのでそれもする予定です。

短期のアルバイトの方が時給が良かったりするのでいいんですよね(^◇^)

 

 

 


Comments

Leave a Reply