金融サラリーマンブログ

金融関係の仕事に就いてます。

個人事業でCAD図面を作成しています

Posted By on 2016年6月4日

私は個人でCADオペレーターの仕事をしています。
以前に勤めていた総合建設コンサルタントから業務を請け負うという形で働いています。

事業内容は主に、AutoCadを使用した駅周辺の都市計画に関する3D図面の作成です。
今まで2D図面しか扱っていなかったので3Dの仕事は私にとって大きなチャレンジでした。

しかし、個人事業の私にとって未知の分野を開拓するには非常に困難でした。
ほぼ独学だったので、わからないことが多すぎて行き詰ることが多々ありました。

誰にも聞けないし、誰にも頼ることはできません。
すべて自分で解決するしかありません。

時々、セミナーなどにも参加して知識を深めることはできました。
しかし実際の仕事ととなるとその知識だけではカバーできません。

経験と慣れというものも必要になってきます。
苦労しながら仕事を進めること1年、ようやくそれなりに出来るようになりました。

これが組織であれば、教えあったり助け合うことができ、もっと早いスピードで新しいことを覚えていけるし、もっといいものが作れたでしょう。

何人か人が集まれば、行き詰ったときでも何かしらのアイデアが生まれます。
人それぞれの解釈の仕方もあり、自分にはわからないことでも他の人にはわかることもあります。

自分と同じ志の人が他にいて、一緒に仕事ができれば最高だと思います。

一人で仕事をすることにももちろんメリットはあります。
場所も時間もすべて自由です。(打合せ等はありますが)人と係われば何かしらの問題が起こります。

その点では全く煩うことなくストレスもなく仕事が出来ます。
しかし、今後の自分自身の成長を考えると、1人では難しい気がします。

仕事が継続的にあるかどうかもわからない不安もあります。努力次第でしょうか。
1人で自由に頑張っていくか、組織の力を借りて成長していくか。悩むところです。

あと、やはり一番悩む点は、お金の面だと思います。資金が足りず、資金繰りに大変な時もあります。
このような時は、事業者ローンを利用してやりくりしているんですが、事業者ローンでお金を借りる=ギリギリの状態と言うわけですからね。。。

どうにかやっていけている今は良いんですが、この先どうなるのか、、、やはり不安です。

私のコンプレックス

Posted By on 2014年9月25日

私のコンプレックスは、物心がついたときには顔の一部のホクロです。
しかも良い面が色白なので余計にそれが浮かび上がってなんどかとろうと思ったとこがあります。
費用が掛からないのであればしたいという思いがあります。
学生の時に一度だけ自分でとろうとしましたがそれが反対にもっと目立つようになってしまいました。
それからがホクロがコンプレックスです。
目元にあるので人と目を合わせるのも苦手です。
誰もがそこを注目している気がするからです。
化粧をするようになってから下地やコンシーラーなどで隠そうとしますがなかなかうまくはいかないです。
目立たないようにはなりますが素の顔をみせるのが嫌になります。
昔から知っている友人はいいですが化粧で隠した後の知り合いに対してはこのホクロが本当にコンプレックスになっています。
汗をかいたりするとすぐにコンシーラーなどがとれかけてくるのも悩みの一つです。
除去するにも目元のあたりなので怖いです。
その他にも手元のホクロもコンプレックスです。
半そでになるのが昔から嫌でした。
色白なので日に焼けるとホクロが増えている気がしています。
そのために目立つようなホクロがあるところはコンプレックスだと感じています。
昔は違いましたが今は太っているということもコンプレックスです。
周りのおともだちで太っている人がほとんどいないということも気になっています。
痩せようと思うのですがなかなか思うようにはいかないです。
性格的なものも人見知りしやすいというのもコンプレックスです。
誰かに話しかけるというのが自分からではなかったように思います。
学校なので新しい出会いとなるとかなると友達になった人は話しかけてこられてはじまります。
知らないお店などにも入るのが勇気がいるタイプです。

またバイトがしたいって今思っているのですが、それも人見知りとかを考えるとなかなか自分に合っているだろうバイト先を見つけるのも一苦労なんです((+_+))
コンプレックスは誰しもが抱えている問題ですが解決できればといつも思います。

 

 

コンプレックスだけど生まれ持ったものだから

Posted By on 2014年8月28日

小学生の時から顔の輪郭がコンプレックスでした。
型で言えばホームベース型なのですが、エラが少し目立つんです。
髪を結んでも顔周りは髪の毛で必ず輪郭を隠します。
小学生の頃は触角などと髪の毛に愛称がついたぐらいそのスタイルは定着していました。

髪の毛で隠す事ができても写真を撮ると顔の大きさって分かり易いんですよね。
隣に顔の小さい子がいると余計大きく見えてしまう。
写真を撮るのはかなり嫌でした。
とは言っても学生時代は写真を撮る機会も多かったので隣の人より少し後ろに顔を引いて遠近法で少しでも良いから小さく見えるように頑張っていました。

幸い凄くエラが張っている訳ではないのですが身長が152cmの痩せ型で首から下はコンパクトだと言われるんですが、全身を見たときに顔が大きくアンバランスなんです。
人間痩せている太っているではなくバランスだと思います。

そして髪の毛のアレンジには過く悩みました。
ゆるゆるの巻き髪が女の子らしくて好きなのですが首周りに髪の毛でボリュームが出きる為顔がもっと大きく見えました。
やり方が下手だったのかもしれませんが…

やはり髪をアップにして輪郭横の両サイドに輪郭隠しの為の髪があるのが一番安心します。
首が出ている分スラット見えると思います。

昔のまだテレビが地デジでは無い時代に顔の事をワイドだねっと異性に言われ凄いショックでした。
自虐ネタにして一緒に笑っていましたが、内心泣きたかったです。

エラを削る整形がしたいです。親からもらった身体だからっていう気持ちもありますが、それでもこの先このコンプレックスと付き合っていくことを考えると生計をしようと思います。

そのために今は、昼間は正社員として働いて時期的な短期で求人が出るようなアルバイトをしたりして少しずつ貯金をしていっています。年末に向けてお歳暮のアルバイト求人が出始めるはずなのでそれもする予定です。

短期のアルバイトの方が時給が良かったりするのでいいんですよね(^◇^)

 

 

 

鼻下脱毛をしました

Posted By on 2014年8月12日

旦那に口元のウブ毛の濃さを指摘され、脱毛に通うことにしました。

もともと自分でもウブ毛が濃いことを気にしていたので、毎日お手入れをしていたのですが、ウブ毛は処理することはできても、ウブ毛の黒さは隠すことができなくて、脱毛を決心しました。

専業主婦なので脱毛にたくさんのお金をかけることができませんから、脱毛することは旦那にも相談しました。

旦那は最初はびっくりした様子でしたが、「そんなにウブ毛の濃さを気にしているなら脱毛しておいで」といってくれました。私が行ったのは医療レーザー脱毛ですが、初回の脱毛後から脱毛効果を感じることができたので、脱毛してよかったと思っています。こちらでしました→※埼玉レーザー脱毛

3回ほど脱毛に通いましたが、今は全く自己処理の必要はありません。肌の黒ずみもなくなって、すっぴんの肌にも自信が持てるようになりました。

痛みとかは、最初はそりゃ少々の痛みはありましたが、我慢できないほどの痛みではなかったですし、ちょっと気持ちいいくらいの痛みでしたよ☆回数をするうちに痛みも感じなくなるので、きちんと脱毛ができているっていう実感もあるのでわかりやすいですね♪♪

旦那にも、もうウブ毛の濃さを指摘されることもなくなり、長年のコンプレックスから解放されたような気がします。脱毛して良かったと思っています。

私が行ったのは鼻下の脱毛だけでしたが、とても効果的だったので全顏脱毛をすれば良かったなと少し後悔しています。でも、専業主婦なのでそこまで脱毛にお金はかけられません。バイトでもしようかななんて思っています。

バイトをして脱毛貯金をしようか・・・とか考え中。でもそれって家族のためじゃなく自分のために働くことになってしまうので主人がどう思うかが心配なのですが・・・ちょっと難しいかも???(´・ω・`)

でもでも!!嫁が綺麗っていいですよね??(笑)ポジティブ思考な私はそうも思うのでちょっと主人の機嫌を見て相談してみようかな!(^^)!

 

 

ムダとは思いたくないけど、無駄遣い・・・。

Posted By on 2014年7月10日

貯蓄は大切・・・と頭では分かっていても、ついつい使ってしまう、お金。
特に普段どおり生活しているだけなのに、気づくとお給料をほぼ使い果たしてしまっている・・・という事も良くあります。
いったい、何にそんなにお金を使っているのでしょう?自分の支出を細かく確認してみました。
意外と使っていたのが、「雑貨類」。
例えば、文房具とか、インテリア雑貨とか、そういったものです。
一つ一つの金額は千円程度なのですが、目に付くとつい買ってしまうようで、合計すると結構な金額になりました。
そして、こういったものは買って使ってみると「なんか違う・・・」という事が多く、結局ほとんど使わない、何てことも多く、まさに無駄遣いです。
そして、私の支出の大半占めていたのが、「化粧品類」。
なんとなく、予想はしていたのですが・・・その額、結構大きかったです。
毎日使う化粧品なんて、限られているはずなのですが、ついつい、新商品が出ていたり、口コミで話題になっていたりすると、買ってしまうんですよね・・・。
最近は、そんなコスメフリークっぷりもエスカレートし、一つの商品の金額も大きくなっていました。クリーム一つに、ん万円、なんてことも。
おそろしい・・・。その時は絶対にいいって思って衝動的に購入してしまうのですが、使ってみるとあんまりだったり、カードの引き落としがきたときに後悔しますね・・・昨年は年に何回かカードの引き落とし日に通帳にお金がないっていうことがあって急いでキャッシングを利用して引き落としに間に合わせたっていうこともありました。
さらにおかしい事に、時々コスメに対する散財を反省して、安いコスメを試したくなるのですが、一桁違うほどに安いので、あれも試そう、これも試そう、といくつもまとめて買ってしまうのです。
化粧品を色々試すのは、ほとんど趣味に近いのですが、さすがにそろそろ、買っているものをしっかり見直して反省しようと思います。

きっちり倹約していれば15万円で十分快適なスローライフ

Posted By on 2014年6月21日

私は毎月の生活費として、15万円に設定しています。もちろん収入が15万円というわけではなく、残りはすべて貯金に回すといった感じですね。もう一年ぐらい同じような感じでやってますが、この設定額の15万円から足がついたことはほとんどありません。

それではその内訳です。まずアパートの家賃が5万円になります。共益費や管理費などはありませんが、水道や電気代などで5000円ぐらい。食費は一日1000円の計算で3万円ですが、飲み会などの外食費用は除きますので一日あたりは1000円以上使っても問題はない程度です。その他お菓子代やドリンク代として一日500円、つまり1万5000円。

ここまでで締めて10万円になります。そこからケータイ電話料金や保険料などで2万円ぐらい使いますので、残りの3万円が飲み会や雑費にあたります。基本的にはこの中から衣服や靴を買ったりDVDや本なども買ったりしますけど、もちろん臨時経費は別会計です。

友人へのプレゼントとかテレビを買い換えるとか、そういった大きな買物は除外していますが、例えば私の場合は去年までタバコを吸っていた時代がありまして、当時は一日500円として毎月1万5000円ほど余計に使っていましたが、今ではお菓子代やドリンク代としてすっかり収まっています。

友人の中にはアコムなどの消費者金融を頻繁に利用している子もいますけど、一度借り癖がついたらもう抜けられないんでしょうね。返して借り手の繰り返しをしてしまっているようなので、いつまでも終わらないどころか、借金はちょっとづつ増えているような感じがします。

土日だろうがアコムの場合は借りれるみたいなので、土日だろうが関係なく借りに行っているようでしたから。

消費者金融会社に勤めています

Posted By on 2014年6月11日

私は現在金融関係の仕事に就いています。金融関係というと真っ先に銀行を思い浮かべると思いますが銀行ではありません。

いわゆる消費者金融会社に勤めています。

消費者金融って言うとなんか聞こえが悪く感じる人もいるかもしれませんが、凄くしっかりした会社ですよ。

テレビCMなんかでもよく流れている、大手の会社ですからね。

金融緩家の仕事に就いているだけあって、働き始めてからお金の有難みに気付かされましたね。

私こんな事言うのもあれですが、お金は計画的に使いましょうね(^^)/